あざがあっても脱毛が可能か

背中やお尻など自分では手が届かない部位のムダ毛処理は、どうしてもムダ毛の剃り残しも多くなります。友達や彼氏にムダ毛の剃り残しを指摘されて恥ずかしい思いをした人もいることでしょう。

しかし自分では手が届かない部位のムダ毛の処理は、無理におこなうと皮膚を傷つける危険性もあります。周りにムダ毛の処理を手伝ってくれる人がいない場合は、エステサロンやクリニックに通い脱毛の専門家に任せるといいでしょう。サロンやクリニックでおこなう脱毛方法は、レーザーや光をムダ毛が気になる部位に照射する方法が多いです。

レーザーや光はメラニン色素に反応するので、日焼けをした黒い肌やあざなどにも反応してしまいます。火傷をしたりあざが大きくなることもあるので、日焼けした肌やあざがある人は、施術を断られたりその部位だけ避けて施術をすることも多いです。

肌が黒い人やあざがある人は、カウンセリングで施術が可能か聞いてみてから脱毛をおこなうといいでしょう。脱毛をする前は、必ず施術部位を自分でシェービングしてくる決まりになっているので、忘れないように気をつけてください。シェービングを忘れてきたり剃り残しが多いと、施術を断られたりその部位だけ避けて施術をすることになります。

サロンやクリニックの中には、自分ではシェービングが難しい部位はスタッフが代わりにシェービングをしてくれる所もあるので、自分でシェービングする自信がない人は、無理をせずスタッフにシェービングを任せるといいでしょう。