脱毛にも麻酔が使用可能

脱毛時に麻酔をかけることができることはあまり知られていません。技術が発達していると言っても、やはり脱毛機に少女はの痛みを伴います。医療機関であれば脱毛時に麻酔をかけることは可能です。

使用する薬は様々な種類があります。主なものにはクリームとテープ、笑気麻酔があります。

クリームは塗るタイプで、効果が現れるまで30分ほどかかります。テープは薬が塗布されているテープを施術部分に貼ります。こちらも効果が現れるまで1時間ほどかかるので、当日施術が可能かなど事前に確認が必要です。

笑気麻酔とは亜鉛化窒素を鼻から吸うタイプのものです。全身に効果的で部分的には使用できませんが、効果実感までには時間を必要としません。

医療脱毛を行う機関のみ使用ができ、通常のエステでは使用されていませんので気をつけましょう。クリニックで扱うものも種類や料金がそれぞれ異なるので、事前に調べておきましょう。VIOでは無理で処方されていることが多いので、不安も軽減されます。

痛みに弱い方やリラックスして施術を受けたい方には使用をおすすめします。カウンセリングで自分に適したものを探してもらいましょう。

手軽なテープで自己処理をされる方もいますが、肌に過度の負担がかかります。しかしテープでは上手く処理できないこともあり、皮膚炎や肌トラブルも起こりやすいので、専門機関を上手に利用しましょう。処理後の肌がチクチクしないことや、自己処理の頻度が減るなどのメリットも多くあります。