費用も時間もムダにするな!知るべき医療脱毛とエステ脱毛の違いは?

本格的に脱毛をするなら、医療脱毛とエステ脱毛の違いを知っておきましょう。何も知らずに契約してしまうと、時間も費用もムダにしてしまう可能性があります。自分の要望に合った脱毛プランを見極めることが重要です。他にも知っておくべき医療脱毛の種類や最新機器や技術についての情報をまとめました。

気になる!医療脱毛の種類

美容皮膚科や美容外科といった、医療機関では医療脱毛が行われています。脱毛はエステサロンや、脱毛サロンなどでも幅広く行われるようになりましたが、実は永久脱毛といえるのは、医療脱毛だけなのです。

ですので、しっかり無駄毛を脱毛したいという場合、医療脱毛がお勧めと言えるでしょう。現在、医療脱毛では2種類の方法が、とられています。まず現在、ポピュラーに行われている脱毛法が、レーザー脱毛です。

レーザー脱毛は黒い色に反応する、特殊なレーザーを肌に照射し無駄毛を処理する脱毛法です。レーザーを照射できる範囲が広い為、広範囲も短時間で施術を終わらす事が出来ます。

もう1つの医療脱毛は、医療針脱毛です。医療針脱毛は毛穴の中に、針を刺し込んで、そこへ電流を流しその熱により、無駄毛を脱毛する脱毛法です。1本ずつ無駄毛を処理していくスタイルという事もあり、どうしても施術に時間がかかってしまいます。

ですが、医療針脱毛はレーザー脱毛が不得意と言われる、産毛や白髪など色素の薄い体毛も、確実に脱毛出来るというメリットがあり、レーザー脱毛と併用して施術を受けるという方も多いようです。このように医療脱毛は、種類の違う脱毛法がある為、自分に合った施術を選びましょう。

医療脱毛とエステ脱毛の違いとは

脱毛といえば、エステで行われる施術というイメージが強かったのですが、最近ではそれに対する需要が高くなってきたこともあり、医療機関でも美容を目的とした医療脱毛を提供するところが増えています。肌への痛みが最小限に緩和されており、誰もが気軽に受けられるという点ではエステも医療機関も同じですが、その方法に少々違いがあります。

脱毛とは外側からレーザーなどを照射して毛根に働きかけるという施術ですが、毛根を完全に消滅させるというのは医療行為に当たりますからエステでは行えません。医療脱毛であれば、このような完全消滅という方法が可能ですから、永久脱毛という点ではこちらの方が安心と言えるのではないでしょうか。

一方エステでは医療行為が出来ませんから、医療機関とは違い、毛根の働きを弱めるという方法によって脱毛をしています。強い刺激を与えずとも、働きを弱めるという事は出来ますし、実際働きが弱まれば濃い毛が再び生えてくるという事はめったにありませんから特に問題はありません。

医療脱毛に比べると簡単な方法であり、肌内部に掛ける負担も少ないですから、脱毛に対して恐怖心などがある人にはこちらの方が向いているのではないでしょうか。

医療脱毛とエステ脱毛の違いとは

現在の主流である光脱毛は、医療脱毛とエステ脱毛で違いがあります。原理としてはどちらの方法でもメラニン色素に吸収される光を照射してこれを毛根に吸収させ、このときに発生した熱によって毛母細胞にダメージを与え、毛が再生しにくくなるというものです。

医療脱毛の場合、医療機関で受けることができ、医師が施術を行います。そのため、皮膚に対する影響の大きくなる光の出力が高い脱毛装置を使用できます。脱毛効果が高くなるため確実性があり、利用回数を抑えられます。

出力が高くても皮膚の状態を診察して、その人に合った出力に調整するため、やけどなどの危険性は低いですが、やや痛みがあります。また、施術によって皮膚にトラブルが起きてもすぐに治療できます。

エステ脱毛では施術は医師免許を持たない者が行うため、光の出力が抑えられた脱毛装置しか使用できません。そのため、脱毛効果が低くなり、利用回数が増えます。しかし、皮膚が受ける影響も小さくなるため、痛みはほとんどありません。

費用については医療脱毛は保険が適用できないので1回の施術にかかる費用が高額になります。しかし、脱毛完了までの総額では、医療脱毛は回数を抑えられるのに対してエステ脱毛では効果が得られずに長期化することがあり、大きな差はありません。

クリニックで行う医療脱毛について

脱毛には大きく分けて二種類あり、引き抜く脱毛と抜け落とさせる脱毛とがあります。毛抜きでは狙った部分を一本ずつ処理ができ、まとめて行いたいのであればワックスを使用すると便利ですが、引き抜く脱毛なので即効性がある一方でしばらくたつとまた同じような毛が生えてきてしまうために繰り返し行わなくてはならず、終わりのない脱毛とも言えます。

一方、抜け落とさせる脱毛は、エステサロンや脱毛サロンのフラッシュ脱毛やクリニックなどの医療機関で行う医療脱毛、他にも家庭用光脱毛機などで処理されます。毛の生える組織に作用して毛が生えにくくなることを目的として行われる脱毛で、光を浴びた毛は引き抜かずに自然と抜け落とさせます。

フラッシュ脱毛も医療脱毛も同じような方法ではありますが、光の種類が違うために効果も違ってきます。医療脱毛では医療機関でのみ取り扱いが許可されているレーザーの光が使用され、医学に基づいて施術が行われます。

フラッシュ脱毛に比べて短期間で脱毛を完了することができ、もしも肌トラブルがあった場合、サロンでの脱毛なら改めてクリニックを紹介してもらい訪問しなくてはなりませんが、医療脱毛なら医療機関で行われているためにすぐに医師に診察してもらえるメリットがあります。

最新技術が搭載された最新機器を使った医療脱毛はお勧め。

女性は身だしなみとしてもムダ毛の処理をしなければなりませんが、自分で行う処理では、あまり美しく仕上がらないので、出来ればプロのお手入れを受けてみたいと考えている方も少なくはないことでしょう。最近はエステサロンでの脱毛ケアが、驚くほど安くなってきているので、今まで金銭的なことがネックとなって諦めていた方にとっては、非常に喜ばしい傾向たといえます。

しかしながら、エステサロンでの施術では、期待していたほど綺麗にならなかったという声も多く、効果の低さが指摘されるようになっています。本当の意味においての永久脱毛を叶えるには、美容外科クリニックや美容皮膚科での医療脱毛を選択しなければならず、エステサロンでは不可能だといわれています。

医療脱毛は、医師が施術を行うため、最新技術が搭載された最新機器を用いることが認められており、完璧な処理が可能となります。医療脱毛の問題点だといわれていた強い痛みも、最新機器ではかなり軽減されており、それほど苦痛に感じなくても済むようになっています。

医学の進歩とともに美容治療においても最新技術が次々と開発されており、確実な結果が出せるため、美意識の高い女性などは積極的に取りいれているようです。